GETTY

Photo: GETTY

チェスター・ベニントンの遺族は、彼の悲劇的な死去を受け入れることに苦労しているファンを助けるための慈善団体を設立する見込みであると報じられている。

チェスター・ベニントンは先月カリフォルニアの自宅で自殺の末に亡くなっている。享年41歳だった。

「TMZ」によれば、チェスター・ベニントンの遺族は彼の死を受けて自殺を考えて苦しんでいるファンを助けるための新たな慈善団体を設立中であるという。

「遺族はチェスターとクリス・コーネルという自殺した二人の偉大なロックスターの後を追ってファンが自殺して死を美化したり、何らかの形で彼らの死を讃えようとすることを心配しているのです」と「TMZ」は報じている。

「また、遺族は人々が自殺を適切な逃げ道として見てしまうといった問題も心配しているのです」

現地時間8月27日に開催されたMTVビデオ・ミュージック・アウォーズではサーティー・セカンズ・トゥー・マーズのフロントマンであるジャレッド・レトがチェスター・ベニントンに追悼の意を表明しており、「彼の人生を目撃することは重要なことを僕に教えてくれた」と語っている。

スピーチの模様はこちらから。

「彼の人生を目撃することは重要なことを僕に教えてくれた。特に容赦なくよく働くこと、夢を追いかけること、そうしながら、やさしく人を気にかける人間であることについてね」とジャレッド・レトはスピーチしている。

「彼のことを考えると、いつも笑っている彼の顔が見えるんだ。彼が胸の内を明かしていたその心境について考えるんだ」」

ジャレッド・レトはまた、チェスター・ベニントンの死に影響を受けた人々へこう呼びかけている。「諦めないでくれ。暗い日々のすぐ先に、この間違いなく人生最大の苦難の突破口があることを僕は約束するよ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ