GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはニュー・シングル“For What It’s Worth”のミュージック・ビデオについてシネイド・オコナーにインスピレーションを受けたビデオを撮影する計画について語っている。

オアシスとビーディ・アイの元フロントマンであるリアム・ギャラガーは「ラジオX」に対して、最新シングルのミュージック・ビデオは、プリンスの”Nothing Compares 2 U”をカヴァーしたシネイド・オコナーの象徴的なミュージック・ビデオに近いものになるだろうと明かしている。

「まさに俺って感じになる予定なんだ。カメラを見つめて、曲を歌うっていうね」とリアム・ギャラガーは語っている。「余計なものはいらないんだよ。曲にとって必要なことだけさせたいんだ。俺の言ってることが分かるだろ?」

リアム・ギャラガーは次のように続けている。「おそらく“Nothing Compares 2 U”みたいな感じだな。ああいうやつだよ。そのために髪も切ったしな」

リアム・ギャラガーは週末にかけて行われたレディング・フェスティバルで亡くなった少年に追悼の意を表しており、ドラッグやアルコールを過剰に摂取したために、過去に私生活で「バカな過ち」を犯したと語っている。

「私生活では何度かバカな過ちをやってきたよね。俺は何度か結婚してきたけど、うちの子供たちを傷つけたりしたこともあったわけでさ」とリアム・ギャラガーは語っている。「だから、俺個人からのアドバイスとしてはあまりにもドラッグをやったり、酒を飲んだりするのはやめたほうがいいってことだよな」

「やめたほうがいいよ。だって、ヤバい状況に陥るわけでね。でも、なんだかんだいって、俺は自分のしてきたことも、今していることも満足しているけどな」

リアム・ギャラガーは次のように続けている。「俺は素晴らしい人間だし、素晴らしい人生を送ってきた。ロックンロールは俺にとって非常に素晴らしいものだったよね」

リアム・ギャラガーは10月6日にソロ・デビュー・アルバムである『アズ・ユー・ワー』をリリースする。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ