PRESS

Photo: PRESS

フィックル・フレンズがスタジオ・ライヴでカルヴィン・ハリスの“Feels”のカヴァーを披露している。

ブライトン出身の5ピース・パンドであるフィックル・フレンズは2013年に結成され、一連のシングルをリリースした後、ポリドール・レコーズと契約している。バンドはプロデューサーのマイク・クロッシーと共に2018年リリース予定のデビュー・アルバムを制作している。

スタジオ・ライヴはBBCラジオ1の番組「ピアノ・セッションズ」のために収録されたもので、カルヴィン・ハリスの“Feels”の他に自身の楽曲“Glue”を披露している。

パフォーマンスの映像はこちらから。

フィックル・フレンズによるこれまでのミュージック・ビデオはこちらから。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ