GETTY

Photo: GETTY

ウィーザーは正式にニュー・アルバムの詳細を発表して、ニュー・シングル“Mexican Fender”を公開している。

ニュー・アルバム『パシフィック・デイドリーム』についてはアメリカのラジオ局によって、今後開催されるフェスティバルのミート・アンド・グリートの募集ページで情報がリークされていた。

バンドは今回、通算11作目となるニュー・アルバム『パシフィック・デイドリーム』を10月27日にリリースすることを正式に発表している。アルバムには今年3月にリリースされた“Feels Like Summer”のほか、ニュー・シングルの“Mexican Fender”が収録される。

“Mexican Fender”の音源はこちらから。

昨年、ウィーザーのフロントマンであるリヴァース・クオモは、バンドのニュー・アルバムが2016年の最新作『ウィーザー(ホワイト・アルバム)』よりもダークな内容になるかもしれないと語っている。

「『白』に対して一番目立つ色って『黒』じゃないかな」とリヴァース・クオモは語っている。「おそらくビーチ・ボーイズが悪くなった感じになると思うんだ。口汚い言葉を使ってみようと思ってるんだよ。これまでの曲ではやったことのない感じでね」

新作について「より大人びた内容」に取り組んでいるとし、「夏の日中というよりは冬の夜」の作風になるとし、こう続けている。「アメリカの映画でいったらPG指定からR指定になった感じだね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ