GETTY

Photo: GETTY

ナイル・ロジャースは現地時間8月13日に入院したためにアース・ウインド & ファイアーと合同で行っているシックのライヴへの出演を諦めている。

ナイル・ロジャース本人が指摘したところによれば、これまで人生で出演をキャンセルしたことはなく、今回のトロントにあるエア・カナダ・センターでの公演が初めてになるという。

あるファンはライヴの写真をツイートしてキャプションに次のように添えている。「今夜はナイル・ロジャースが入院してるんだ。光は彼のために」

ファンから励ましの言葉が寄せられるなか、ナイル・ロジャースは次のように応じている。「本当にありがとう。アース・ウインド & ファイアーもシックもすべてのファンを愛してるよ。医師は素晴らしい看病をしてくれていてね。すぐに会えると思うよ」

また、ナイル・ロジャースは別のファンへの返答で次のようにツイートしている。「ジョニー、ありがとう。人生で一度もライヴへの出演を逃したことはないんだ……これまではそうしてこれたんだけどね。医者に抜け出そうとするところを捕まったよ」

入院の原因は現時点で明らかになっていない。アース・ウインド & ファイアーとシックの合同公演は8月15日もインディアナポリスのバンカーズ・ライフ・フィールドハウスで開催される予定となっている。

ナイル・ロジャースはガンを克服している。64歳になるギタリストでプロデューサーのナイル・ロジャースは6年前に前立腺ガンと診断され、自身のブログを通して闘病生活を記録している。2014年にナイル・ロジャースはガンの完治が認められ、今年6月に行われたグラストンベリー・フェスティバルでのシックの公演の際に苦しい試練について打ち明けている。

「医者たちは僕には非常に悪性なガンがあるから家に帰って、身辺整理をする必要があると言ったんだ……まあ、ダフト・パンクっていう2人のフランス人の男たちとファレル・ウィリアムスという紳士からたまたま電話を受けたんだけどね。それで僕たちは集まってこの“Get Lucky”という曲を書いたんだ」と彼は観客に語っている。「そして今夜、僕は世界一幸運な男のような気分だよ。なぜなら医者が家に帰って身辺整理をするように言った6年後に、今日、6年経って、僕にはガンがないわけだからね」

ナイル・ロジャース率いるシックは9月に来日公演を行うことが発表されている。

これはデュラン・デュランと共演となるもので、シックは9月20日の東京・日本武道館公演に出演する。ナイル・ロジャースは1986年発表のアルバム『ノトーリアス』をはじめデュラン・デュランの作品を手掛けてきている。

来日公演の詳細は以下の通り。

9月20日(水)東京・日本武道館
CHIC feat. ナイル・ロジャース
開場 17:30 / 開演 18:30(予定)
料⾦(全席指定・税込):SS席(特典付)25,500円 S席 16,500円 A席 14,500円 B席 12,500円

9月22日(金)大阪・オリックス劇場
開場 18:00 / 開演 19:00(予定)
料⾦(全席指定・税込):SS席(特典付)20,500円 S席 14,500円 A席 12,500円

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認下さい。

http://duranduran-japantour.com/

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ