taylor swift

Photo : Press

アップル・ミュージックが3カ月間の無料トライアル期間のあいだ、アーティストや作曲者やプロデューサーにロイヤリティを支払わない方針に対して公開書簡で抗議したテイラー・スウィフトだが、恋人のカルヴィン・ハリスがその偉業について賞讃のコメントをツイートしている。

テイラーの抗議を受けたアップルは、自社の方針を変え、アップル・ミュージックがリスナーに提供する3カ月間の無料試聴期間中にも、アーティストなどの権利者に対して使用料を支払うことを認めている。

カルヴィン・ハリスのツイートの内容は以下の通り。
「エレクトリック・デイジー・カーニバルでのギグを終えたところで、僕のガールフレンドが音楽業界全体を変えたことを知った。なんてすばらしい日だ」

今回のテイラー・スウィフトの公開書簡については、カルヴィン・ハリスのほか、ファン.のギタリストであるジャック・アントノフやクリスティーナ・ペリー、その他のアーティストも支持を表明している。

6月20日土曜日にテイラー・スウィフトの広報担当は彼女の最新作『1989』が6月30日からスタートするサービスに登場しないことを認めていた。テイラー・スウィフトはアップルへの公開書簡を発表し、新たなストリーミング・サービスを批判し、「不公平」であり「失望した」と語っていた。

テイラー・スウィフトは自身のタンブラーに投稿した「To Apple, Love Taylor」と題した公開書簡の中でその理由を説明している。「なんで私のアルバム『1989』が新たなストリーミング・サービス、アップル・ミュージックで配信されないのか、それを説明するためにこれを書いているの」とテイラー・スウィフトは書き出している。「アップル・ミュージックで契約した人には最初の3ヶ月間、無料のトライアルができるのは知ってると思う。でも、アップル・ミュージックが作曲者やプロデューサーやアーティストにその3ヶ月間、何も支払わないのを知らないんじゃないかな。私もショックだったし、失望したし、ほんとに歴史的に見ても進歩的で寛容な企業に似つかわしくないことだと思ってる」

テイラー・スウィフトは、自分はこの3ヶ月間で生計を立てるのに困ることはないとしつつも、アーティストに支払いをしない決定は新しいアーティストやこれからのアーティストには信じられないほどの被害になると説明している。「これはファースト・シングルをリリースしたばかりのアーティストやバンドにとっての問題なの。その成功に対して報酬は支払われないのよ。これは初めて曲がリリースされた若いソングライターの問題なの。彼らはそのロイヤリティで借金を返済するつもりだったかもしれない。これは疲れを知らずに働いて、音楽を生み出し刷新するプロデューサーの問題でもあるわ。まさにその分野を切り開いてきたアップルのクリエイターや革新者のようなね。でも、1年の4分の1については彼や彼女たちの曲が再生されても報酬は支払われないのよ」

自分の考えは、アップルに対する好意や敬意から「公言することを恐れている」自分の仲間のアーティストや作曲者やプロデューサーからの声であることを説明した上で、彼女はこう続けている。
「3ヶ月というのは支払わない期間として長いし、何も支払わないのに働けなんていうのは不公平だと思う」

「これまでアップルが成し遂げてきたことへの愛と敬意と賞賛を込めていっておきたいの。音楽を作っている人に対してフェアなストリーミング・サービスへと進展して、自分もすぐに参加できるようになるのを願っているわ。きちんと納得したプラットフォームは作れると思うの」とした上で、このように締めくくっている。「方針を変えるのに遅すぎることはないわ。私たちはiPhoneをタダで欲しいなんて言ってないわけで、私たちの音楽を報酬なしに提供しろなんて言わないで」

テイラー・スウィフトは昨年すべての音源をスポティファイから引き上げている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ