GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは「二つの終わったバンド」に在籍していたことを受けてソロ・アーティストとしての可能性に疑念を向けられることが奮起させたと明かしている。

リアム・ギャラガーはオアシスやビーディ・アイの解散を経て、今年ソロ活動をスタートさせている。今回、復帰した彼は「連中に勝たせる」ようなまねはしないと語っている。

「戻ってこられて、すげえ嬉しいんだよ」と彼は『GQ』誌に語っている。「だって、連中が腰を据えて待っているって事実を俺は知っているからな。連中も喜んでるかもしれないって言うけどさ。でも、奴らはこんな感じなんだ。『最悪だぜ、おい。やつがまた戻ってきたぞ。やつには、二度の離婚、婚外子、二つの終わったバンドがある、それに三回ダサい髪型をしてた。そのくせまだ舞い戻ってこようとしているぞ』ってな」

「ああ、だからこそ戻ってきてやるつもりなんだよ、言ってることわかるか? だって、そういうことだからなんだよ。それが俺だしな。それこそ俺のやることでね。手を引くつもりもないし、連中に勝たせもしない。だから、奴らもすげえビビることになるよ。恐れるべきだね。間違いないよ。これはサード・カミングなんだ」

インタヴューでは他にもリアム・ギャラガーは疎遠となっているリサ・ムーリッシュとの間の娘について語っているほか、オアシスの成功の鍵についても語っている。

リアム・ギャラガーは先日新曲“Eh La”をライヴで初披露しており、10月6日にソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』をリリースする予定となっている。

また、リアム・ギャラガーはミューズ、エミネム、カサビアンら、多数のアーティストが出演するレディング&リーズ・フェスティバルに出演する予定となっている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ