Dean Chalkley/NME

Photo: Dean Chalkley/NME

フォールズは8月28日金曜日に予定されているリリースに先駆けて、ニュー・アルバム『ホワット・ウェント・ダウン』のカセットテープを無料で配布している。

『ホワット・ウェント・ダウン』は2013年発表の『ホーリー・ファイア』に続く4枚目のフル・アルバムとなっている。アルバムはアークティック・モンキーズやクラクソンズ、マムフォード&サンズを手掛けたシミアン・モバイル・ディスコのジェームス・フォードをプロデューサーに迎えて南仏でレコーディングされた。

今週のリリースに先駆け、オックスフォードを拠点に活動しているこのグループは世界規の宝探しのようなものを開催し、アルバムを収めたカセットテープを国を跨いでたくさんの場所に隠し、ソーシャルメディア上で緯度と経度の座標を公開している。

フォールズはファンに向けて、もしカセットテープを見つけたらその写真をシェアするように呼びかけると同時に、その内容はインターネット上にアップロードしないようにとも要請している。

今のところカセットテープが発見されているのはマドリード、パリ、オスロ、アムステルダム、ベルリン、ハンブルクとなっている。

Now thats something We won the #whatwentdowntapes @ouifm @foals @ynnsphilippakis with the one and only @raggamuff_

A photo posted by Marin Baud (@marinmdelta) on

ねえすごいでしょ 唯一無二の@raggamuff_と一緒に#whatwentdowntapes を手に入れちゃった

https://twitter.com/Liz_Jean1/status/636508071670452224

さっきこれをベルリンにある橋で見つけたよ(ニコ)

アルバムにはシングル“Mountain At My Gates”やアルバム・タイトル曲である“What Went Down”が収録される。『NME』に語ったところによれば、フロントマンのヤニス・フィリッパケスは新作を「無駄がなく」「力強い」と評している。

フォールズは先日UKでライヴハウスのツアーを行うことを発表している。ノッティンガム、リバプール、ノリッチ、アバディーン、ニューカッスル、サウザンプトン、マーゲイト、ブリストル、ケンブリッジの日程が発表されている。

マーゲイトでのライヴは新たにオープンしたテーマ・パーク、ドリームランドで新たなフェスティバル「バイ・ザ・シー」の一部として行われる。

ライヴの日程は以下の通り。

Nottingham Rock City (November 5)
Liverpool Olympia (6)
Norwich UEA (7)
Cardiff University Great Hall (8)
Aberdeen Music Hall (10)
Newcastle O2 Academy (11)
Southampton Guildhall (13)
Margate Dreamland – By The Sea event (14)
Bristol Anson Rooms (15)
Cambridge Corn Exchange (16)

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ