GETTY

Photo: GETTY

ショーン・レノンが、著名な両親の影のもとで生きるとはどのような感じなのかを、最新のインタヴューで語っている。

元ザ・ビートルズのジョン・レノンとオノ・ヨーコの息子であるショーン・レノンは、ミュージシャンや作曲家として活躍しているが、最近『ガーディアン』紙のインタヴューにおいて「僕が何をしようと、世間の人は僕のことをジョンとヨーコの甘やかされた怠け者の息子としか見ないんだ」と語っている。

現在、ファット・ホワイト・ファミリーの新しいアルバムを共同プロデュースし、ファット・ホワイト・ファミリーのサイド・プロジェクトであるザ・ムーンランディングスでも共作しているショーン・レノンだが、彼がこれまでのキャリアでどんなに努力を重ね、コラボレーションを試みても、いつも同じ「ザ・ビートルズの息子であることで生じる、非現実的なほどポジティヴ、またはネガティヴな評価」がついて回るのだという。

「僕が何をしようと、このことはついて回る気がする。僕はこれを受け入れてやることをやるしかないんだ」と、ショーン・レノンは続けている。

「みんな『名前を伏せて活動して、本当のリアクションを見てみたら?』って言ってくるけど、僕はそれをやると、父や家族、それから自分自身に対して敬意を払っていないような気がするんだ。自分が誰かっていうことを、誇れないっていうことだろう? 隠れたくなかったんだ」

ショーン・レノンはさらに、最近デス・キャブ・フォー・キューティーやチューン・ヤーズと共に、ニュー・アルバム『イエス、アイム・ア・ウィッチ・トゥー』の制作に取り組んでいるオノ・ヨーコと同様、「音楽とアートを作ることにコミットしている」と述べている。

「僕がアートや音楽に興味がある唯一の理由は、やっぱり両親なんだ。彼らへの敬意が、僕がやっているすべてのことの核となっているし、僕という人間を作り上げた。僕は自分がお母さん子であり、お父さん子でもあると思っている。彼らは僕にとってヒーローみたいなもので、子供として2人を尊敬している。両親をベースとして、僕は自分だけの音楽を作ってるんだよ」

「僕は生活のために商業的な仕事をきちんとこなしてる。映画の音楽を作ったり、企業のコマーシャルソングを作ったりね……自分を定義するのは難しいよ。ただできることをやっているんだ。レーベルを経営しているし、音楽も作っているし、ドキュメンタリーの監督もしている。僕の仕事がすべて語ってくれると思うよ」

父親であるジョン・レノンの仕事について話が及ぶと、ショーン・レノンは次のように述べている。「僕は『リボルバー』を手掛けたころのザ・ビートルズが一番好きかな。ハイ・クオリティな曲作りの限界に挑戦している頃さ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ