GETTY

Photo: GETTY

ドクター・ドレーが過去の女性に対する暴力行為について、「完全にイカれていた」と語っている。

ドクター・ドレは1991年1月に、テレビ番組の司会を務めていたデニス・ディー・バーネズに対して暴行を加えており、米『ローリング・ストーン』誌が当時の記事の中で詳細を報じている。その記事の中で引用されている発言によると、ディー・バーネズはこの事件について「まずは、階段近くの壁に押しつけられて顔と体の右側を何度も打たれた」と語っている。その時、彼のボディーガードは周りの人々を近寄らせなかったのだという。さらにドクター・ドレーは彼女を階段から落とそうと、彼女の肋骨や両手を蹴り、「後ろから彼女の髪をつかんで、続けて後ろから頭を殴った」ことが報じられている。その後、ドクター・ドレーと彼のボディーガードは建物から走って逃げている。彼の所属していたグループ、N.W.A.のメンバーだったMCレンは当時、「彼女は報いを受けたんだ。ビッチ、当然の報いだ」と語っており、イージー・Eも「そうだビッチ、自業自得だ」と同意している。

この事件や他の女性に対する暴力行為は、2015年の映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』では描かれていない。そのことを受けて、ドクター・ドレーの元恋人であるミッシェルは彼の暴力行為をさらに詳しく語っており、「ボコボコにされながら『座れ』『黙れ』と言われ、抵抗できずにただ黙っていたガールフレンドだった」と当時の自分を表現し、2015年の彼の謝罪を「誠意がこもっていない」と非難している。

ドクター・ドレーと「ビーツ・エレクトロニクス」の会長を務めるジミー・アイオヴィーンの半生について描いたHBOの新たなドキュメンタリー・シリーズ「ザ・デファイアント・ワンズ(原題)」の中で、ドクター・ドレーは再びこの件について言及している。

「女性に手を上げるような男はどんな奴であれ最低だよ」とドクター・ドレーは語っている。「そんな男は完全にイカれてる。俺も当時は完全にイカれていた。めちゃくちゃだったんだ。報いを受けるべきだし、申し訳なく思っている。謝罪するよ」

「暗い雲が俺を覆い続けているんだ」とドクター・ドレーは述べている。「それが俺から離れることは永遠にないだろう。男として俺の大きな汚点だよ」

ドクター・ドレーはこの番組に合わせて新曲“Gunfire”を公開している。

ドクター・ドレーは2015年に待望のアルバム『コンプトン』をリリースしているが、今回の新曲はそれ以来となる初の音源となる。

“Gunfire”の音源はこちらから。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ