GETTY

Photo: GETTY

パラモアのヘイリー・ウィリアムスとニュー・ファウンド・グローリーのチャド・ギルバートは破局したことを発表している。

昨年2月に結婚した2人だが、現地時間7月1日に声明を発表しており、チャド・ギルバートはインスタグラムにメッセージを投稿している。

「僕らは正式に発表したいのです。今回限りで率直にね。僕らは破局しました」と声明には綴られている。

「僕らは共に成長してきて、多くの美点や多くの挑戦を通して傍にいました……結婚は臆病者には向いていません。愛とは絶対的なリスクです。そして、その結果が僕らが元々望んだものではなかったとしても、僕らはそれぞれ希望を持ち続けています」

声明はヘイリー・ウィリアムスとチャド・ギルバートが今も「お互いの目によく映る」「親友である」と続けられている。

「このような状況では敗北を感じるかもしれません。僕らはお互いを励まし、支援し続けていく予定です」

二人は昨年2月にテネシー州で近親者による結婚式を挙げていた。二人は2008年から交際し、2014年のクリスマスに婚約していた。

また、ヘイリー・ウィリアムスは『フェーダー』誌の最新インタヴューの中で鬱との闘いについて語り、一時期バンドから離れていたことを認めている。

「人生で初めてトンネルの終わりに小さな光が見えなかったの」と彼女は説明している。「こう思ったの。『ただすべてが止まればいいのに』ってね。それは『命を絶つ』っていう意味じゃなかった。単に絶望だった。『何の意味があるの?』って感じね。絶望がどれほど危険なのか理解してなかったと思う。すべてが苦しかったわ」

「単に疲れてたのよ。何か他に得意なことがあるはずって思ったの。それを見つけに行く時期かもしれないってね」

パラモアは5月に通算5作目となるニュー・アルバム『アフター・ラフター』をリリースしている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ