GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはグラストンベリー・フェスティバルのステージでなぜ“Don’t Look Back In Anger”を歌ったのかを説明している。

現地時間6月24日、グラストンベリー・フェスティバルのステージをリアム・ギャラガーはアカペラ・バージョンでの“Don’t Look Back In Anger”を披露し、マンチェスターとロンドンで起きたテロ事件とグレンフェル・タワーの火災の犠牲者に捧げている。

「次の曲はマンチェスターとロンドンのテロ事件、そしてグレンフェル・タワーの火災で亡くなった人に捧げたいんだ。歌詞を知ってたら、一緒に歌ってくれ」と彼はライヴで観客に語っていた。

音源でもライヴでも兄のノエル・ギャラガーが歌ってきた“Don’t Look Back In Anger”を今回初めて披露したリアム・ギャラガーだが、BBCのジョー・ワイリーに次のように語っている。「今まで一度もやったことなかったんだけどさ。あの時はあれがみんなの曲だって感じだったんだよ。世界で起こっているあんなことを考えるとね。それで思ったんだよ。『ノエルがやらないなら、俺がやろう』ってね。ちゃんとできると思ったんだよ」

リアム・ギャラガーは次のように続けている。「戻ってこれて素晴らしいよ。美しい人々に曲をやることができてね」

パフォーマンスの模様はこちらから。

この日のライヴでは他にも“Rock ‘N’ Roll Star”、“Slide Away”といったオアシスの楽曲や、ソロからのシングル“Wall of Glass”を披露している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ