Ben Bentley / NME

Photo: Ben Bentley / NME

リアム・ギャラガーはグラストンベリー・フェスティバルでの自身のライヴを、マンチェスターとロンドンのテロ事件の犠牲者に捧げた“Don’t Look Back In Anger”のアカペラ・バージョンで締めくくっている。

リアム・ギャラガーは現地時間6月24日の午後にアザー・ステージで素晴らしい1時間にわたるライヴを披露し、オアシスの名曲やソロ・アルバム『アズ・ユー・ワ―』からの楽曲を大観衆は満喫することとなった。

ライヴの最後にリアム・ギャラガーは、最後の曲をマンチェスターとロンドンで起きたテロ事件とグレンフェル・タワーの火災の犠牲者に捧げると語り、アカペラ・バージョンの“Don’t Look Back In Anger”を歌い、パーカッションと観客の大合唱に迎えられることとなった。リアム・ギャラガーは観客にさらに大きな声で続けて歌うよう促している。

その時の模様はこちらから。

この日のライヴでは他にも“Rock ‘N’ Roll Star”、“Slide Away”、ソロからのシングル“Wall of Glass”を披露している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ