GETTY

Photo: GETTY

ザ・キラーズはニュー・アルバムのリリースに向けたウォーミング・アップを行っており、週末に行ったライヴで新曲“Run For Cover”を初披露している。

アルバムからのファースト・シングルは“The Man”というタイトルで、6月15日にリリースされる見込みだという。“The Man”は11秒の音源が公開されており、バンドはアトランティック・シティのボルガータで行ったライヴで別の新曲をライヴで試す機会としている。

“Run For Cover”はインターポールを彷彿とさせるポスト・パンクのスタイルで始まり、『サムズ・タウン』期のサウンドの系譜となるスタジアムを想像させるアメリカーナが一挙に花開く楽曲となっている。

この曲について昨年、ブランドン・フラワーズは“Run For Cover”が元々『デイ&エイジ』の頃に書かれた楽曲であることを明かしている。

「もう8歳になるんだ」と彼は語っている。「スチュアート・プライスと始めて、彼の印はまだ残ってるんだけどね。でも、8年後に違うプロデューサーとバンドに戻してみたんだ」

「ふさわしい詞が浮かばなかったんだけどね。今回はふさわしいものになると思ってるんだ。“Run For Cover”はアルバムをよく表している感じの曲だよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ