GETTY

Photo: GETTY

ドラマーのミッチ・ミッチェルの未亡人であるディー・ミッチェルが、ジミ・ヘンドリックスのファンに対して、オンラインのオークション・サイトに現在溢れている偽の遺品に注意するよう呼びかけている。

ミッチ・ミッチェルは、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのドラマーを務めており、1967年作品『アー・ユー・エクスペリエンスト?』、1968年作品『アクシス:ボールド・アズ・ラヴ』、1968年作品『エレクトリック・レディランド』に参加している。彼はロックンロール・サーカスのために結成された一度限りのバンド、ザ・ダーティ・マックのメンバーとしても知られており、ザ・ダーティ・マックにはジョン・レノン、キース・リチャーズ、エリック・クラプトンらが参加していた。ミッチ・ミッチェルは2008年に亡くなっている。

音楽サイト「ノイズ11」によれば、ディー・ミッチェルは、ファンに対して、楽器や服、本、機器といった品々が「ミッチ・ミッチェルの遺品から」もしくは「ディー・ミッチェルから」といった但し書きを付けられて、偽りのまま売りに出されていると警告している。

ディー・ミッチェルによれば、オンラインで見る品々の大半は「品のない、安っぽいゴミ」とのことで、コレクターに対して購入前に「充分な証拠、日付、多くの情報に裏付けされた由来を尋ねる」ようアドバイスしている。

「わたしに由来する場合、詳細を付与し、情報を一緒に提供したものになるでしょう」と彼女は語っており、こうした記念の品々に興味がある人は「少し巧妙に見えるものを買わないように注意してほしい」としている。

「どうか、騙されないようにして。既に多くの人が騙されているから。購入者には注意してほしい」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ