UICL-1132_Bon Jovi_Burning Bridges

ジョン・ボン・ジョヴィがキャンセルとなったバンクーバー公演を復活させて敢行している。

これは元々8月22日にバンクーバーのスタンリー・パークにてジョン・ボン・ジョヴィのサイド・バンドであるジョン・ボン・ジョヴィ&ザ・キンス・オブ・サバービア名義で公演が予定されてもので、地元のプロモーターであるペーパー・レイン・パフォーマンスがチケット売れ行きの悪さを理由に公演の延期を求めていたが、ジョン・ボン・ジョヴィのマネージャー側もスタンリー・パークで公演を行う許可をプロモーターが取得していないと物別れに終わり、公演はキャンセルとなっていた。

しかし、ペーパー・レイン・パフォーマンスは今回の一件を受けて破産しており、チケット購入者に払い戻しが行われないことを知ったジョン・ボン・ジョヴィは、同日の8月22日にスタンリー・パーク近くのロジャーズ・アリーナで振替公演を行っている。

「何かを言ったら、その言葉に従うようにできる限りのことをすべきだと思うんだ」とジョン・ボン・ジョヴィは語っている。「僕が心配しているのは、頑張って稼いだお金を払ってくれた仲間たちのことだけなんだよ」

公演では、”Who Says You Can’t Go Home”、 “Lost Highway”、 “It’s My Life”、 “You Give Love a Bad Name”といったボン・ジョヴィの楽曲が披露されたほか、レナード・コーエンの“I’m Your Man”、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの“Everyday People”といったカヴァーも披露されている。

発売されたばかりのファン・アルバム『バーニング・ブリッジズ』の楽曲は披露されなかったが、これは単にザ・キンス・オブ・サバービアの面々が新しいアルバムの楽曲をまだ覚えていなかったからだという。

ボン・ジョヴィは9月11日にジャカルタからアジア・ツアーを行う予定となっている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ