PRESS

Photo: PRESS

8月10日にシアトルのコロンビア・シティ・シアターで行われたウィルコのライヴ全編がオンラインで公開され、ジャンルを横断するウィルコらしいサウンドを通じて、様々な音楽的な探求がフィーチャーされている。

このビデオはシアトルのラジオ局、KEXPによって公開されたもので、バンドがバック・カタログを探求したり、突如フリー・ダウンロードで7月に発表したアルバム『スター・ウォーズ』を披露したりする模様が収められている。CD盤の『スター・ウォーズ』は欧米で8月21日にリリースされており、日本盤は10月7日にリリースされる。

ライヴではウィルコの前進バンドであるアンクル・テュペロの楽曲やダニエル・ジョンストンのカヴァーも披露されている。ライヴは落ち着いたアコースティックなものになっている。

ウィルコは現在、北米ツアーの休みの最中で、9月中旬よりツアーを再開させる。このツアーは単独公演とフェスティバル出演が混ざり合ったものとなっている。今年はバンドにとって出来事の多い1年にもなっていて、5月には宗教の自由法の悪用をめぐってインディアナ州でのライヴのボイコットを表明した後、取り下げることもあった。

今年のライヴでは、デビュー・アルバム『AM』から20周年を記念して初期の楽曲が多数取り上げられている。デビュー・アルバム『AM』は1995年3月にリリースされている。

55分に及ぶライヴ映像はこちらから。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ