GETTY

Photo: GETTY

亡くなったクリス・コーネルへの追悼としてトロントの225人でサウンドガーデンの“Black Hole Sun”を歌う映像が話題となっている。

クリス・コーネルは現地時間5月26日に近親者のみでの葬儀がロサンゼルスで開催される予定となっている。クリス・コーネルは現地時間5月18日にデトロイトのホテルで自殺のために亡くなっている。享年52歳だった。

トロントのクワイアー!・クワイアー!・クワイアー!という集団はサウンドガーデンの1994年発表の楽曲“Black Hole Sun”を歌うことで、クリス・コーネルに追悼の意を表明している。

225人によるカヴァーはライヴ収録され、「安らかに、クリス・コーネル。誰もあなたのように歌えないし、今後も歌えないでしょう」というメッセージと共にオンラインで公開されている。

カヴァーの映像はこちらから。

クリス・コーネルの妻であるヴィッキー・コーネルは先日、夫の死を受けて追悼文を公開している。

その中でヴィッキー・コーネルは次のように述べている。「私は傷ついてますが、あなたのために立ち上がって、二人の美しい子供たちを育てていきます。いつの日も、常にあなたのことを想っています。あなたのために闘うのです。あなたは私たちがソウルメイトだって言ってくれましたが、それは本当です。一度交わった道はもう一度交わると言われています。だから、あなたはきっともう一度、私を見つけてくれるって信じています。私はずっとここで待っています」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ