Danny Clinch/PRESS

Photo: Danny Clinch/PRESS

ノラ・ジョーンズは先週亡くなったクリス・コーネルを追悼して、自身のライヴでサウンドガーデンの“Black Hole Sun”のカヴァーを披露している。

クリス・コーネルがサウンドガーデンとして最後にライヴを行った会場となったデトロイトのフォックス・シアターで現地時間5月23日に公演を行ったノラ・ジョーンズは、そのなかで“Black Hole Sun”をカヴァーしている。

観客が撮影した映像はこちらから。

サウンドガーデンやオーディオスレイヴのフロントマンとして活動してきたクリス・コーネルは現地時間5月18日にデトロイトで亡くなっている。その死については首を吊って自殺したと検視官が発表している。しかし、遺族はその死について処方薬が影響した可能性について言及している。

インキュバスとケイジ・ジ・エレファントのフロントマンであるマシュー・シュルツも、KROQウィニー・ロースト・ワイ・フィエスタで共演した際に“Black Hole Sun”のカヴァーを披露している。

カヴァーに際してインキュバスのフロントマンであるブランドン・ボイドは次のように観客に向かって語ったという。「今夜は一晩中、ブラザーであるクリス・コーネルに思いを捧げるよ。彼は僕にシンガーになりたいと思わせてくれた3人のうちの1人なんだ。彼はヘヴィでありながら、同時に美しさを求める方法を教えてくれた。彼は僕に巨大な影響を与えてくれたし、僕らのバンドにも大きな影響を与えたし、今夜ここにいる多くの他のバンドにも影響を与えたんだ。だから、クリスにこう言わせてほしい。どこにいようと愛してるよ。僕らは決して忘れないから」

観客が撮影したパフォーマンスの映像はこちらから。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ