JENN FIVE/NME

Photo: JENN FIVE/NME

ザ・ナショナルは次のアルバムの楽曲を書き始めており、30曲ほどのアイデアがあるとフロントマンのマット・バーニンガーは語っている。

ザ・ナショナルは現時点での最新作『トラブル・ウィル・ファインド・ミー』を2013年にリリースしている。マット・バーニンガーは、最近元メノメナのブレント・ノップフとのコラボレーションによる新バンド、エル・ヴァイを結成したことを発表したが、ザ・ナショナルの次のアルバムの楽曲制作も行っているという。

『NME』に対して、マット・バーニンガーは通算7作目となるアルバムでの彼とバンドの進歩について語っている。

「数ヶ月前にニューヨークの田舎で合宿をやったんだよね。同じことをロサンゼルスでも数週間やったんだ。今のところ、30曲分ぐらいのスケッチはあるよ」と彼は語っている。

ザ・ナショナルのアーロン・デスナーは、そうして新しく生まれた楽曲に一時的にニューヨーク北部の街の名前を付けているという。「以前、アーロンは南北戦争にちなんだ名前をつけたこともあるんだ。『トラブル・ウィル・ファインド・ミー』に収録された楽曲は、どれも僕らの友人の子供の名前が付けられたんだ」

エル・ヴィはデビュー・アルバム『リターン・トゥ・ザ・ムーン』を4ADから今年末にリリースする予定で、既に楽曲“Return To The Moon (Political Song For Didi Bloome To Sing, With Crescendo)”を公開している。エル・ヴィは12月のUK&アイルランド公演を含むツアーを行うことも決定している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ