GETTY

Photo: GETTY

クイーンのブライアン・メイは、バンドメイトのフレディ・マーキュリーがエイズとの闘病生活の中で足を失うことになっていたことを明かしている。

フレディ・マーキュリーは1991年11月24日に西ロンドンの自宅で、エイズを原因とした気管支肺炎で亡くなっている。享年45歳だった。

ブライアン・メイは自身が撮影したクイーンの立体写真集『QUEEN in 3D』の中でフレディ・マーキュリーの病気について述べている。写真集からの抜粋が『サンデー・タイムズ』に掲載され、そのなかでブライアン・メイは次のように記している。「問題は実は足だったんだ。悲しいことに、本当に少ししか残っていなくてね。食事をしていた時に一度、僕らに見せてくれたことがある。彼はこう言ってた。『ああ、ブライアン、これを見せることで動揺させたら申し訳ないね』ってね。僕はこう答えたよ。『動揺しないよ、フレディ、君がどれだけの痛みに耐えなければならなかったか、それが分からない限りはね』ってね」

ブライアン・メイはフレディ・マーキュリーがエイズとの闘病生活について滅多に口にしなかったことも明かしている。彼は次のように振り返っている。「彼は『僕がこの病気を抱えていることは分かってくれてると思う』と言ってた。もちろん、僕ら全員知っていた。でも、知りたいわけではなかったからね。彼はこう言ったんだ。『多分、この病気を抱えていることに眉をひそめているんだろうね。このことについては話したくないんだ。僕らの生活は変えたくないからさ。でも、こういう状況なんだよ』ってね。そうやって彼は気持ちを切り替えてたんだ」

クイーンの立体写真集『QUEEN in 3D』はイギリスで5月25日に刊行される。フレディ・マーキュリーの伝記映画について先日、ブライアン・メイは2018年公開予定であることを明かしている。

クイーンのブライアン・メイはテリーザ・メイ英首相がキツネの狩猟を今回支持したことに対して批判を向けている。

テリーザ・メイ首相は、6月8日に行われるイギリス総選挙で保守党が勝利した場合は、キツネの狩猟を復活させるかどうかの自由投票を保守党の国会議員に対して行うと語っている。テリーザ・メイ首相はキツネの狩猟を支持し続けていると繰り返し語っている。

インスタグラムで彼は次のように述べている。「『たまたま、個人的に私はいつだってキツネの狩猟を支持してきました。そして、私たちは自由投票を行うことに関心を持ち続けてきました』こうテリーザ・メイは今日言ったんだ。これがすべてを変えた。今、戦いの火蓋が切って落とされたんだ。このひどい女性は血塗られたスポーツを復活させるだろう。この場で止めない限りはね」

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ