Press/Nabil Elderkin

Photo: Press/Nabil Elderkin

レディング&リーズ・フェスティバルの主催者であるメルヴィン・ベンは、今年のフェスティバルにおけるシークレット・アクトについて大きなヒントを出している。

『NME』が、今年のフェスティバルで演奏するシークレット・アクトについて手がかりをもらえないかと尋ねたところ、その返答として公式に発表されてはいないものの、フォールズを示唆するような素振りを見せている。ケルヴィン・ベンは以下のように語っている。「誰がシークレット・ゲストなのかはどうしても言えないんだけどね。君のとりたいようにとってもらっていいよ」

メルヴィン・ベンはケンドリック・ラマーをブッキングできた喜びについても語っている。「ケンドリック・ラマーについては本当に一生懸命やってきたんだ。間違いなく打ち込んだよ。僕にとって完璧なラインナップだったし、みんなの反応もすさまじかったんだ。レディング&リーズのファンたちは、マムフォード&サンズやメタリカと同じくらいケンドリック・ラマーを楽しみにしてくれてるよ。それ自体、大きな発言だろ?」

レディング&リーズ・フェスティバルは、来週8月28日〜30日にリッチフィールド・アヴェニューとブラムハム・パークで同時開催される。今年のヘッドライナーは、マムフォード&サンズとメタリカ、ザ・リバティーンズが務めることになっている。

また、主催者はフェスティバルについてレディングの期間、電車で起こり得る問題について声明を発表している。8月29日の土曜日から8月31日までのあいだ、ファースト・グレート・ウェスタン線でストライキが予定されているようで、フェスティバル会場への行き来についてトラブルの可能性になりうるという。チケットをお持ちの方にはストライキが予定通り行われたかどうか、運行状況がアップデートされるという。

「ファースト・グレート・ウェスタン線は通常運行のうち50%が運行されると予想されています。また、金曜の夜や土曜の早めの時間は大きくは影響しないでしょう」と声明は述べている。

「サウス・ウェスト線やクロス・カントリー線は通常通り運行されます。しかし、これは通常よりも待ち時間が長くなることを意味します。特に月曜日の朝はそうなるでしょう」

「どうか時間に余裕を持って、どの路線で来るのかを決めてください。ご予約のファースト・グレート・ウェスタン線の乗車券は、運転見合わせが起こっても有効です」

また、乗車券をまだ予約していない参加者には次のように述べている。「バス会社のナショナル・エクスプレスは、国中から会場までの往復路線を提供する予定で、チケットは購入可能です。フェスティバル会場のすぐそばで乗降が可能です」

レディング&リーズ・フェスティバルには、ザ・クリブス、ザ・マッカビーズ、パーマ・ヴァイオレッツ、エイサップ・ファーグ、アジーリア・バンクス、ジャンゴ・ジャンゴ、エヴリシング・エヴリシング、スレイヴス、フランク・ターナー、ピース、スウィム・ディープ、ツイン・アトランティック、パーケット・コーツ、スペクター、チャーリーXCXらが出演する。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ