GETTY

Photo: GETTY

ジャミロクワイのジェイ・ケイを安全面から恐怖に陥れた、不安定な行いのために、申し立てられたストーカーに対して禁止命令が下されることになっている。

本名をジェイソン・チータムというジェイ・ケイは、オーストラリア出身のイローナ・エンジェルが彼の家の玄関口に何度も現れ、彼への愛を語ってきたと主張している。これらの出来事は約6ヶ月の期間に行われたものだという。

ジェイ・ケイはオックスフォード治安判事裁判所に対してこれらの出来事を自身の安全面で「純粋な恐怖」を感じたと話しており、イローナ・エンジェルがバッキンガムシャーにある彼の家の外で2週間にわたってキャンプをしたこともあると主張している。

ジェイ・ケイによる声明には次のように書かれている。「私の安全や家にいる他の人間の安全について純粋に恐怖を感じたんだ。彼女の訪問はよそくのつかないもので、僕に会えず、話すことができなくても、執拗に何度も何度も姿を現したんだ」

「彼女の不安定な行動は、彼女が精神的に健康じゃないことだと思うし、僕は彼女が次に何をしてくるだろうという恐怖のなかで暮らしていたんだ」

イローナ・エンジェルはそうした迷惑の罪状を否定したが、有罪となり、7月15日に禁止命令が下されている。全体で1045ポンドの賠償金も命じられている。

『ザ・デイリー・メール』は、裁判官のティム・パティンソンがイローナ・エンジェルに対してこう語ったと報じている。「これはジェイ・ケイ氏にとって苦痛と心配の種となっています。あなたは起訴者から彼に及ぼしている影響について聞いたと思います」

「あなたが脅迫をしていたら、彼はよりナーヴァスになっていたでしょう。彼はあなたがどうしてか彼の犬の名前まで知っていたこと、そしてあなたの穏やかな態度が不吉な様相を持っていたことを案じていました」

ジャミロクワイは2010年に最新作『ロック・ダスト・ライト・スター』をリリースしており、通算8作目となるニュー・アルバムは来年のリリースが予想されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ