GETTY

Photo: GETTY

アーケイド・ファイアは週末に行ったシークレット・ライヴで6曲の新曲を披露したと報じられている。

このライヴはモントリオールのパルトネーズ・ストリートにある小規模な会場で行われたとのことで、『モントリオール・ガゼット』紙によれば、参加者は入口で携帯電話を預ける形式だったという。

この日のライヴは1時間で6曲の新曲が演奏され、参加者の一人は「『リフレクター』の流れを組んだポップとエレクトロニックの影響を見せるものだった」と述べている。

ファン・サイトの「アーケイド・ファイア・チューブ」は、このライヴでバンドが新たなミュージック・ビデオを撮影していたとも述べている。

アーケイド・ファイアについては先日ドラマーのジェレミー・ガラが4月からツアー関係でアーケイド・ファイアの活動が始まる見込みだと語っていて、新作のリリースが近いのではないかと噂されていた。新作については次のように語っている。「全曲、レコーディングはやったんだ。今年出るはずだよ。現段階ではまだミックスをやってるのと、どの曲を最終的に収録するかを決めようとしてるんだ。必要な数以上の曲をレコーディングしたからね。でも、もう完成するはずだよ。いつ出るかは知らないけどね。早いことを願うよ」

アーケイド・ファイアは今年1月に反ドナルド・トランプ大統領を掲げた楽曲“I Give You”を単独でリリースしている。

アーケイド・ファイアは今夏、数多くのフェスティバルに出演することが発表されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ