PRESS

Photo: PRESS

ザ・リバティーンズが来たるニュー・アルバムから本日2曲目となる新曲で、あるバム・タイトル・トラックである“Anthem For Doomed Youth”を公開した。

ザ・リバティーンズはバンドにとって11年ぶりとなるニュー・アルバム『リバティーンズ再臨(Anthem For Doomed Youth)』を9月11日にリリースする。同作は、2002年発表のファースト・アルバム『リバティーンズ宣言』と2004年発表の『リバティーンズ革命』に続き3作目となる。

リード・シングル“Gunga Din”と本日公開された“Glasgow Coma Scale Blues”に続いて、“Anthems For Doomed Youth”も公開されている。

“Anthem For Doomed Youth”の音源はこちらから。

バンドは新作において彼らならではのサウンドについての実験について『NME』ni
語っていて、アルバムにはシンセを使用している楽曲もあるという。

ラマーのゲイリー・パウエルは、「昔の楽曲ばかりのアルバムになってしまっていたら、マジでぶちぎれてたね。ともかく2004年の頃に逆戻りしたサウンドにだけはしたくなかった」と語っている。

ザ・リバティーンズは8月28日から30日まで開催されるレディング&リーズ・フェスティバルにも出演する予定となっている。

アルバムのトラックリストは以下の通り。

‘Barbarians’
‘Gunga Din’
‘Fame and Fortune’
‘Anthem for Doomed Youth’
‘Heart of the Matter’
‘Belly of the Beast’
‘Iceman’
‘You’re My Waterloo’
‘Fury of Chonburi’
‘The Milkman’s Horse’
‘Glasgow Coma Scale Blues’
‘Dead for Love’
‘Love on the Dole’ [Bonus]
‘Bucket Shop’ [Bonus]
‘Lust of the Libertines’ [Bonus]
‘7 Deadly Sins’ [Bonus]

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ