BENJAMIN COMBS

Photo: BENJAMIN COMBS

ブロック・パーティーは、アメリカで行われた2回の公演で最新曲を2曲を初披露しており、次のアルバムのレコーディングを終えたことも認めている。

創設メンバーのゴードン・モークスとマット・トンが脱退したブロック・パーティーは、8月19日にカリフォルニア州ポモナのザ・グラス・ハウス、翌20日にロサンゼルスのザ・ロキシーという、客席との距離が近い親密な空間でのインティメットな2公演を行っている。

ポモナの公演は、新たに加わったベースのジャスティン・ハリスと、同じく新たに加わったドラムのルイーズ・バートルの初登場の場となった。フロントマンのケリー・オケレケは観客に次のように語りかけた。「今、自分たちはすごく不思議な気持ちだし、ぐっときてもいるよ。(一緒にやるのは)これが初めてのパフォーマンスだからね」

また、ケリー・オケレケはブロック・パーティーの通算5枚目のアルバムとなる次のLPの制作を終えたことを認めている。「ニュー・アルバムのレコーディングが終わったばかりなんだけど、そこからの新曲を今から歌っていくよ」ケリー・オケレケはそう観客に語りかけたという。

ブロック・パーティーは今回の2公演で、それぞれ“Eden” と“Exes”というタイトルだと思われる新曲を披露している。ポモナ公演のパフォーマンス映像はこちらから。

ブロック・パーティーは8月22日土曜日にロサンゼルスのFYFフェストに出演することになっている。

ブロック・パーティーのこの日のセットリストは以下の通り。

“Eden”
“Hunting For Witches”
“Positive Tension”
“Real Talk”
“Waiting For The 7.18”
“Song For Clay”
“Banquet”
“One More Chance”
“Trojan Horse”
“Ratchet”
“So He Begins To Lie”
“Exes”
“Helicopter”
“Flux”
“This Modern Love”

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ