GETTY

Photo: GETTY

フェニックスは通算6作目となるニュー・アルバムをリリースすることを発表している。

『ティ・アモ』と題された新作はグラスノートより6月9日にリリースされる。『ニューヨーク・タイムズ』紙に対してギタリストのローラン・ブランコウィッツは新作の雰囲気について「イタリアの夏のディスコ」と表現している。

『ティ・アモ』のレコーディングは2013年発表の『バンクラプト!』をリリース後、2014年末からレコーディングが行われたとのことで、レコーディングはパリ中心部のポンピドゥー・センター近くにある古いオペラ・ハウスにレコーディング機材を持ち込んで行われたという。

先日、フェニックスはベルギーのアントワープで3年ぶりとなるライヴを行い、3曲の新曲を披露している。

アルバムのタイトル曲となる“Ti Amo”に加え、アルバムの冒頭を飾る“J-Boy”、“Role Model”という3曲の新曲が披露された。

観客が撮影した“Ti Amo”の映像はこちらから。

フェニックスは今年のサマーソニックで来日することが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ