PRESS

Photo: PRESS

グリーン・デイが初期に録音した未公開のデモ・テープ音源がオンラインで公開されている。

メジャーでのファースト・アルバム『ドゥーキー』を1994年にリリースするグリーン・デイだが、今回公開されている3曲のデモは1992年から1993年の間にレコーディングされたものだという。

このデモ・テープには1995年公開の映画『どんな時も』のサウンドトラックに収録され、後に2001年リリースの『インターナショナル・スーパー・ヒッツ!』に収録されることになる“J.A.R.”の初期バージョンをはじめ、『ドゥーキー』に収録されることになる“Having A Blast”、シングル“Geek Stink Breath”のBサイドに収録され、後に2002年リリースの『シェナニガンズ〜スーパー・ウラ・ベスト!』に収録される“Don’t Wanna Fall In Love”のデモ音源が収録されている。

デモ音源はこちらから。

先日、グリーン・デイはアメリカのテレビ番組「ザ・レイト・ショウ・ウィズ・スティーヴン・コルベア」に特別ゲストとして出演し、「ボーナストラック」と題して、テレビではオンエアされなかった“Revolution Radio”、“Forever Now”、“Ordinary World”のパフォーマンスのほか、楽屋裏の模様など、20分弱の映像も公開されている。

オンエアでのパフォーマンス映像はこちらから。

ボーナストラック映像はこちらから。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ