Still

Photo: Still

デヴィッド・ボウイ出演の映画『ラビリンス/魔王の迷宮』の番外編が制作されることが正式に発表されている。

「マペット・ショー」などで知られるジム・ヘンソンが監督を務めた映画『ラビリンス/魔王の迷宮』は1986年に公開されている。物語は少女時代のジェニファー・コネリーが演じる主人公がデヴィッド・ボウイ演じるゴブリンの魔王・ジャレスにさらわれた弟を救出するために迷宮へ向かうものとなっている。

「デッドライン」によれば、フェデ・アルバレスを監督に、ジェイ・バスを脚本に迎えて、二人が『ドラゴン・タトゥーの女』の続編『The Girl in the Spider’s Web(原題)』の制作を終えた後に番外編を制作するという。

報道によれば、番外編は現在キャスティングを行っており、今年の秋から制作が始まるという。

作品については「オリジナルで生み出された世界の中で新たな物語を生み出すもので、なのでリメイクではありませんし、続編というよりも番外編と言えるでしょう」と報じられている。

フェデ・アルバレス監督は「デッドライン」に次のように語っている。「映画『ラビリンス/魔王の迷宮』は僕の少年時代にとっても影響を与えてくれた映画で、映画制作への恋に落ちることになった作品なんだ。ジム・ヘンソンの魅惑的な世界を広げ、映画館にやってくる新しい世代を『ラビリンス/魔王の迷宮』に連れ戻せることに、これ以上なく興奮してるよ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ