GETTY

Photo: GETTY

ジャミロクワイのオリジナル・キーボーディストで、プロデューサーのトビー・スミスが亡くなっている。

トビー・スミスは1992年から2002年までジャミロクワイの活動に参加していたが、「家族と多くの時間を過ごすため」グループを離れている。享年46歳だった。

「深い悲しみと共にジャミロクワイのオリジナル・キーボーディストであるトビー・スミスが2017年4月11日に亡くなったという知らせを受けて、みなさんにお伝えしています」とジャミロクワイのファン・サイトである「ファンキン」は報じている。

http://funkin.com/news/4296

ジャミロクワイのオリジナル・ベーシストであるスチュワート・ゼンダーはインスタグラムで次のように述べている。「本当に大好きだよ。俺の兄貴であるトビーが昨晩、向こう側へと召されたんだ。僕が最も好きな思い出は、一緒に作った彼やバンドとの思い出なんだ。最も才能のあるミュージシャンで、一緒に音楽を制作できて光栄だった。トビーのような人は他にいないよ。あなたの光は永遠に輝き続けるでしょう。僕やみんなの人生を輝かしいものにしてくれてありがとう。あなたの愛と人生を祝福するよ!」

u2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

I love you so much. My big brother Toby crossed over to the other side last night. All my fondest memories are of him and the band that we created. The most talented musician I have ever had the honor to make music with. There will never be another like you Toby. Your light will shine on eternally. Thank you for making mine and everyone's life so bright. I celebrate your love and life! Rest in Love. Your bald brother Stu x

SZさん(@stuartzender)がシェアした投稿 –

トビー・スミスはキーボーディストにして、2001年発表の『ア・ファンク・オデッセイ』まで初期のヒット曲やアルバムの共作者でもある。近年はザ・フージアーズやマット・カードルの楽曲の作曲やプロデュースを手掛けていた。

現時点では死因は明らかになっておらず、現メンバーからのコメントも発表されていない。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ