GETTY

Photo: GETTY

50セントはライヴの最中に女性の胸を殴ったかのように見える映像がオンラインで公開されている。

「TMZ」によれば、50セントは現地時間4月8日にボルティモアのザ・ロックスでライヴを行っており、事件はその際に起きたという。

ライヴの中で50セントはファンと握手しようと観客に手を伸ばしたところ、一人の女性ファンがあまりに強く引っ張ったためにステージから落ちる格好となり、その際に胸を殴ったかのような形で応じている。その後、50セントはその女性をステージに上げている。

その模様はこちらから。

今年2月、50セントの息子は父親に向けて歌った楽曲を公開している。50セントにとって第一子となるマーキス・ジャクソンは父親のデビュー・アルバム『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』のリリースから14年目となる2月6日に“Different”と題した楽曲を公開している。

「父親を失ったよ、彼はまだ生きてるけど」という一節についてマーキス・ジャクソンは次のように語っている。「子供の頃、父さんはスーパーヒーローだったんだ。まさにスーパーヒーローの父親を持っているという感じだった。でも、それから歳を重ねて、いろんなことが分かってきて、あるパターンを見ていたら、自分の人間関係にも影響を及ぼしているのが分かったんだ。それが僕と父さんに起きたことなんだよ」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ