PRESS

Photo: PRESS

ザ・クークスはキャリアを総括するベスト・アルバムを5月19日にリリースするが、同作に収録される新曲“Be Who You Are”のミュージック・ビデオを公開している。

『ベスト・オブ…ソー・ファー』と題されたアルバムには、“Naive”、“She Moves In Her Own Way”、“Ooh La”、“Always Where I Need To Be”、“Shine On”を含むヒット曲と2つの新曲“Be Who You Are”と“Broken Vow”が収録されるという。

新曲“Be Who You Are”についてフロントマンであるルーク・プリチャードは『NME』に対して次のように語っている。「初期のクークスらしいサウンドだよ。そうしたものとして書かれたんだ。アップビートで落ち着いたロックン・ロール・チューンで、ギター・ソロもあるのさ。楽しい曲だよ」

彼は次のように続けている。「歌詞的には全部、鏡で自分を見ているみたいだったね。曲を書くことで当時に戻ったんだよ。だから、俺はあの当時に書いたであろう曲を書こうとしたんだよ。自分にとってはなかなかのクリエイティヴな作業だったよ。『あの時に何を書いていただろう、そしてどんなスタイルがいいかな』って感じでね。歌詞はすべて内省的で、当時の自分についてなんだ。他の曲ともぴったりだろうと思ったよ。だから、良い振り返る機会だったよね」

今回のベスト盤については次のように述べている。「人生で会った中でも最高で最も才能ある人たちと働いて、旅行して、喧嘩して、いがみあって、そして愛することができたのは最高に嬉しいことだったよ。世界でも最高の仕事だし、すぐにはやめるつもりはないね」

新曲“Be Who You Are”のダウンロードとストリーミングはこちらから。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ