GETTY

Photo: GETTY

ニューヨークを拠点に活動するミツキは、ドナルド・トランプ大統領の悪影響を及ぼす逆行的な政策に反対するためのプロジェクトの一環として、ワン・ダイレクションの“Fireproof”のカヴァーを公開している。

「アワー・ファースト100デイズ」と題されたこのプロジェクトはドナルド・トランプ大統領が就任してからの最初の100日間、毎日1曲ずつ新曲を公開していくというもので、アニマル・コレクティヴのエイヴィ・テア、エンジェル・オルセン、マウンテン・ゴーツらが参加している。

ミツキはワン・ダイレクションの“Fireproof”のカヴァーを公開したフェイスブックへの投稿の中で「すべての収益は気候変動や性と生殖に関する権利、移民、LGBTQAの権利に最前線で取り組む団体に直接寄付される」と述べている。

ミツキによる“Fireproof”のカヴァーはこちらから。

一方、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズは先週末にソロ・デビュー・シングル“Sign Of The Times”を公開している。

“Sign Of The Times”はこれまでにカニエ・ウェストブルーノ・マーズザ・ローリング・ストーンズなどの作品を手掛けてきたジェフ・バスカーらがプロデュースを手掛けている。ハリー・スタイルズは現地時間4月15日に「サタデー・ナイト・ライヴ」に出演し、イギリスでは4月21日に「グラハム・ノートン・ショウ」に出演する。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ