GETTY

Photo: GETTY

ザ・リバティーンズは今夏に大規模な野外ライヴをさらに行うことを発表している。

ザ・リバティーンズは今後数ヶ月の中で一連のライヴを行い、いくつかのUKのフェスティバルに出演する予定で、バーケンヘッドのプレントン・パークで野外ライヴを行うことも既に発表されている。

ザ・リバティーンズは今回新たに自身のツアーにニューカッスルで行う新たな公演を追加しており、この公演は8月3日に現地のタイムズ・スクウェアで開催される。この公演には長年にわたって活動するインディ・バンド、マキシモ・パークやギルフォード出身のブラックウォーターズがサポート・アクトを務めるという。

バンドによる公演の告知はこちらから。

ザ・リバティーンズの今夏のツアー日程は以下の通り。

May 20 Prenton Park, Birkenhead
Jul 21-22 Tramlines Festival, Sheffield
Jul 21-23 Truck Festival, Cambridge
Aug 3 – Times Square, Newcastle

カール・バラーは先日『NME』に対してザ・リバティーンズのニュー・アルバムと、自分たちのヘッドクォーターについての計画について語っている。

カール・バラーは次のように語っている。「ザ・リバティーンズのアルバムはちょっと時間がかかるかもしれないね。でも、一緒にプロジェクトはやろうとしてるんだ。なんで、様子を見てみるよ。大きな秘密についてはピートがみんなに語っちゃうからね」

何曲、新曲が出来上がっているのかについてはカール・バラーは次のように続けている。「俺たちには20年分のものがあるからね。まとめようとしてるものがたくさんあるんだ。いろんな意味で、いろんなことがあったわけだからね。やるべきことはたくさんあるんだよ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ