GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズは、来たるロンドン公演とダブリン公演に多くのスペシャル・ゲストがサポート・アクトとして出演することを発表している。

昨年からクラシック・ラインナップによる「ノット・イン・ディス・ライフタイム」と銘打ったワールド・ツアーを行ってきているガンズ・アンド・ローゼズだが、今夏はヨーロッパ・ツアーとアメリカ・ツアーが予定されており、UKとアイルランドでも公演を行う予定となっている。

今回、ガンズ・アンド・ローゼズは、ダブリンのスレイン・キャッスル公演でロイヤル・ブラッド、マーク・ラネガン、アザーキンがサポート・アクトを務め、ロンドンのオリンピック・スタジアム公演ではザ・キルズとタイラー・ブライアント、ザ・シェイクダウンがサポート・アクトを務めることを発表している。

ロイヤル・ブラッドは先日、新作からの音源の一部を先行公開しているが、待望のセカンド・アルバムが今年リリースするものと見られている。ザ・キルズはバンドの15周年を記念したライヴを5月に行うことが発表されており、2016年リリースの最新作『アッシュ&アイス』を引っ提げたツアーを行っている。

ガンズ・アンド・ローゼズの今回のツアーは昨年行われた北米公演で100万人を超える動員を実現しており、1億1680万ドル(約120億円)の総収益という北米での2016年最大のツアーとなっている。

「ノット・イン・ディス・ライフタイム」ツアーというツアー・タイトルはバンドの再結成についてアクセル・ローズが語った2012年のインタヴューからとられている。

ガンズ・アンド・ローゼズは1月に来日公演も行っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ