GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズのギタリストであるキース・リチャーズは亡きチャック・ベリーに殴られた時のことを振り返っている。

ロックンロールの先駆者であるチャック・ベリーは先月3月18日に亡くなっている。

米『ローリング・ストーン』誌にチャック・ベリーへの追悼コメントを寄せたキース・リチャーズはチャック・ベリーについて「俺たち全員の草分け」であり、「途轍もなく多才」だったとしている。

キース・リチャーズはまたチャック・ベリーに殴られた事件について次のように綴っている。「チャック・ベリーが俺の目にあざをくれたことがあってね。俺は彼の最大の“ヒット”と呼んでるんだけどさ。彼がニューヨークかどっかでやるのを観に行ったんだ。楽屋に行ったら、ケースの中にギターがしまってあってね。職業上の興味として見たくなってさ。それで弦をつまびいてたら、彼が入ってきて、俺の左眼を思いっきり殴ったんだ。でも、俺が間違ってたと痛感したよ。俺が自分の楽屋に入っていって、俺のギターを誰かがいじくってたら、間違いなくそいつを殴るだろうからね。そうだろ?」

キース・リチャーズは次のように続けている。「彼はバックステージで俺に面食らわせたものだったけど、俺はいつも逆に褒め言葉として、ある種のリスペクトの印として見てたんだ。だって、そうじゃなきゃ、俺に時間を無駄にすることはないだろうからね。彼はちょっと怒りっぽいところもあったけど、同時に根はすごくあたたかい人だったんだ。彼はそれを喜んで見せようとはしなかったけどね」

チャック・ベリーが亡くなったのを知った時のことについてキース・リチャーズは次のように述べている。「彼が亡くなったと電話をもらったけど、完全に予想もつかない衝撃というわけではなかった。でも、奇妙な感じで、バディ・ホリーが亡くなった時のことを思い出したよ。学校にいて、クラスでひそひそ話が回り始めたんだ。クラス全体が恐怖でハッと息をのんでいく感じだった。今回も同じく強烈な一撃だったよ。予想よりもきつかったね。でも、きっとそこらでのんびりしてるはずだよ。それもぜひ真似したいところだよな」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ