GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーはティーンエイジ・キャンサー・トラストのこれまでの活動が認められて賞を受け取っている。

この賞はロイヤル・アルバート・ホールでの公演が100回目となったことを記念して贈られたもので、オフィシャル・サイトでは「ロイヤル・アルバート・ホールでのティーンエイジ・キャンサー・トラストのために無料で出演し、ガンを患った若者のために多くの金額を寄付するために、過去17年間にわたって時間を費やしてきたすべてのアーティスト」に贈られると説明されている。

ジェイミー・ヒューレットがデザインを手掛けたティーンエイジ・キャンサー・トラストのロゴをあしらったトロフィーがノエルには贈られている。バックステージでノエル・ギャラガーにトロフィーが贈られる模様はこちらから。

映像の中でノエル・ギャラガーはティーンエイジ・キャンサー・トラストが「音楽の年間スケジュールとなった」と語り、長年にわたってチャリティのためにミュージシャンをブッキングしているザ・フーのロジャー・ダルトリーを讃えている。

「ロジャーがやったことはすごいことなんだ」と彼は語っている。「ここに来るのに説得なんてそれほど必要ない。ロイヤル・アルバート・ホールでやるのに飽きたことなんてないよ」

「1週間に及ぶライヴに参加して、素晴らしい夜を過ごすんだ」と彼は続けている。「純粋にそれが楽しみなんだよ」

ノエル・ギャラガーはロジャー・ダルトリーが「若手を参加させようとする」なかで直面しているフラストレーションにも言及し、「エド・シーランが流れを変えてくれれば」と続けている。

一方、ザ・フーのロジャー・ダルトリーは「あと数年でティーンエイジ・キャンサー・トラストのブッキングをする立場を若い世代に譲りたい」と語っており、ノエル・ギャラガーをその候補として考えているという。

「20年はやりたかったんだけど、それでもう十分だよ」とロジャー・ダルトリーは『NME』に語っている。「多分ノエルか誰かに譲ることになると思うんだ。若い世代にね」

彼は次のように続けている。「あと3年で、この立場に就く誰かを探して、譲ることになるだろうね。きっとやってくれる誰かがいると思うよ。考えている以上に大変なことだというのを伝えなきゃならないだろうね。でも、これは金とかそういうことじゃなく、最もやりがいのある仕事になるはずだよ。お金では変えないもので満たしてくれるんだ。最高なんだよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ