GETTY

Photo: GETTY

ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズはソロ・デビュー・シングルの詳細を発表している。

ハリー・スタイルズはここ数週間にわたってデビュー・ソロ・シングルを予告してきた。

彼は今回インスタグラムで、シングル“Sign Of The Times”が、予想されていた通り来週4月7日にリリースされることを発表している。

アートワークの画像はこちらから。

u2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

SIGN.OF.THE.TIMES // 7.APRIL.17 //

@harrystylesがシェアした投稿 –

ハリー・スタイルズは現地時間4月15日にアメリカのテレビ番組「サタデー・ナイト・ライヴ」に出演することも発表されている。

ハリー・スタイルズは、エド・シーランとのコラボレーションでも知られるスノウ・パトロールのジョニー・マクデイドと共作作業を行ってきている。ジョニー・マクデイドは昨年、ハリー・スタイルズのソロ音源について「世界は衝撃を受ける」ことになると語っていた。

ハリー・スタイルズはソロの音源についてコロンビア・レコードと契約している。ハリー・スタイルズのソロ作について、コロンビア・レコードの代表取締役であるロブ・ストリンガーは次のように語っている。「僕らは近い間柄だし、すごく興奮してるよ。ものすごく楽しみにしているアルバムがあって、準備が整うのもそう遠くないだろうしね。すべてを見事にやってのけたいと思ってるんだ。だって、彼は今後も活動するアーティストだと思ってるからね。ハリーは信頼のおける人々のヴィジョンをもって進歩してきたんだよ」

また、ハリー・スタイルズの来たるソロ・アルバムのサウンドはデヴィッド・ボウイクイーンを彷彿とさせるものだとも報じられている。業界報道メディア「ヒッツ・デイリー・ダブル」によれば、ハリー・スタイルズの新作ソロ・アルバムには、これまでにカニエ・ウェストブルーノ・マーズザ・ローリング・ストーンズなどの作品を手掛けてきたジェフ・バスカーがプロデューサーとして参加しているという。

「ヒッツ・デイリー・ダブル」は続けて、ハリー・スタイルズのアルバムが業界内で「大きな噂」を巻き起こしていると報じており、「大人数のチームで制作されたワン・ダイレクションとは対照的で、デヴィッド・ボウイやクイーンといった最高峰の70年代のブリティッシュ・ロックを彷彿とさせる楽曲を制作している」と述べている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ