PRESS

Photo: PRESS

ポール・マッカートニーは最新インタヴューでチャック・ベリーに追悼の意を表明している。

ポール・マッカートニーは先週3月24日にアーカイヴ・コレクションの第10弾として『フラワーズ・イン・ザ・ダート』をリリースしている。これを受けてポール・マッカートニーはBBCラジオ6の取材を受けており、先日3月18日に亡くなったチャック・ベリーについてマット・エヴェリットから質問を受けている。

それを受けてポール・マッカートニーは次のように語っている。「チャックとは共作したことはないんだけどね。会ったことはあるんだ。彼の地元であるセント・ルイスで僕らがライヴをやった時に来てくれたことがあるんだよ。バックステージまで来てくれてね。彼に会うことができて、どれだけファンだったか伝えることができて、素晴らしかったよ」

ザ・ビートルズ以前のリバプールにいた時、僕らは未来への夢とともにギターを練習している少年でさ、その時に突然“Sweet Little Sixteen”を聴いたんだ。それまであんなものは聴いたことがなかった。それで“Johnny B. Goode”が出て、彼の素晴らしい楽曲がいろいろ聴いたんだ。“Maybellene”とかね。こうした曲はどれも車とティーンエイジャーとロックンロールについてのもので、ものすごく興奮したんだ」

ポール・マッカートニーは同じインタヴューの中で現在、新作に取り組んでいることも明かしている。「ニュー・アルバムを作ってるんだけど、すごく楽しいんだ。その真っ最中なんだよね。アルバムは2年ほど前にアニメのために制作した曲で初めて一緒にやったプロデューサーと取り組んでいるんだ」

ポール・マッカートニーの新作は2013年発表の『ニュー』以来の作品となる。

アデルの“Hello”を手掛けたグレッグ・カースティンについてポールは次のように言及している。「彼はベックと一緒にやって、グラミー賞の最優秀アルバム賞を受賞してね。それからアデルとやって、最優秀楽曲賞と最優秀レコード賞を受賞して、その年の最優秀プロデューサー賞ももちろん受賞してるんだ」

「唯一の懸念はみんなが『ああ、ポールは流行りの奴とやってるんだな』って言うことだよね」

ポール・マッカートニーは4月に来日公演を行うことが決定している。

http://oneonone-japantour.jp/

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ