GETTY

Photo: GETTY

ジャスティン・ティンバーレイクはカリフォルニア州イングルウッドで開催されたアイハートラジオ・アウォーズの授賞式における受賞スピーチで、アメリカの結束と多様性を聴衆に呼びかけるメッセージを贈っている。

ジャスティン・ティンバーレイクは、映画『トロールズ』のサウンドトラックに収録されているる“Can’t Stop The Feeling”で、シーアやドレイクらを破って最優秀楽曲賞を受賞している。

ステージでジャスティン・ティンバーレイクは観客に次のように呼びかけている。「もし君がブラックでも、ブラウンでも、ゲイでも、レズビアンでも、トランス・ジェンダーでも、もし君がテネシー州出身の意気地のない、歌を歌う少年でしかなかったとしても、君たちにつらくあたる人はみんな恐れているか、恐れるように教えられてきたんだ。君たちがどれほど大切な存在であるかっていうことについてね」

「人と違うというのは違いを作り出せるということなんだ。だから、ほっとけばいい」と彼は続けている。

スピーチの模様はこちらから。

米『ローリング・ストーン』誌によれば、ジャスティン・ティンバーレイクは同じくノミネートされていたザ・チェインスモーカーズとホールジーに対してスピーチの冒頭で賛辞を贈っている。「“Closer”は本当に大好きなんだ」と彼は語っている。「車で一人だったら大声で歌ったかもしれないな。歌わなかったかもしれない。それは誰にもわからないね」

ザ・チェインスモーカーズは最優秀楽曲賞は逃したが、最優秀新人賞を含む5つの賞を受賞している。一方、ドレイクは最優秀ヒップホップ・アーティストを含む7つの賞を受賞しており、アデルはアルバム『25』で最優秀ポップ・アルバム賞を受賞している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ