GETTY

Photo: GETTY

チャンス・ザ・ラッパーはシカゴの公立学校に100万ドル(約1億1400万円)を寄付したことを発表している。

現地時間3月6日にイリノイ州出身のチャンス・ザ・ラッパーは記者会見を開催し、自身の計画を明かしている。記者会見はシカゴのウェストコット小学校で開催され、インスタグラムで生中継された。

記者会見でチャンス・ザ・ラッパーは州知事のブルース・ラウナーについて「抗議や最終通告がない限り、子供たちにチャンスを与えないだろう」と語っている。

チャンス・ザ・ラッパーは先週シカゴの公立学校についてブルース・ラウナーと会談したが、本日の記者会見でチャンス・ザ・ラッパーは知事が「曖昧な答え」しか返さなかったとし、「ラウナー知事よ、自分の仕事をしてくれ」と叫んでいる。

1億円を超える寄付はシカゴの公立学校に対してアートと授業の充実のために使用されるという。「ノイジー」によれば、チャンス・ザ・ラッパーはチケット・セールスから寄付を行う提携をAEGとチケットマスターと結んだという。

記者会見で、チャンス・ザ・ラッパーは大きな小切手を生徒たちに手渡ししており、小切手には「子供たちへ」と記されている。

「政治的な状況によって子供たちを人質にとられるわけにはいかないんだ」と彼は記者会見で語っている。「ピッチフォーク」によれば、チャンス・ザ・ラッパーは更なる寄付を行うことについてコモンと電話で語り合ったという。

記者会見の模様はこちらから。

今回の寄付の他に、市から50000ドルの寄付が行われる度に、チャンス・ザ・ラッパーはウェストコット小学校を含む10の小学校に10000ドルの寄付を行う予定だという。

チャンス・ザ・ラッパーは第59回グラミー賞で最優秀新人賞、最優秀ラップ・アルバム賞、最優秀ラップ・パフォーマンス賞の3部門を受賞している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ