GETTY

Photo: GETTY

カート・コバーンの未発表音源が、ネット上で公開されている。

公開されたのは、ニルヴァーナのフロントマン、カート・コバーンの未発表ソロ曲で、映画『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』の再上映版に新たに追加された楽曲となっている。

監督のブレット・モーゲンは7月31日、映画の再上映版に新しい音源を追加したことを明かしている。この作品は5月に世界各国で限定上映されたもので、8月7日から再び映画館で上映される。

作品に未発表音源を追加すると発表したものの、ブレット・モーゲン監督は音源の違法コピーを避けるため、どのシーンで使用するかについては明言を避けている。それにもかかわらず、この映画のエンドロールに流れた未発表音源に気づいたファンによって、今回その映像が流出されたようだ。

音楽情報サイト「ステレオガム」によると、このカート・コバーンの未発表音源にはタイトルがついておらず、収録されたのは1991年と考えられていると報じられている。

ファンがアップロードした映像はこちらから。

ブレット・モーゲン監督は先日、映画のサウンドトラックが11月6日にリリースされることを明らかにしている。

まだタイトルのないこのアルバムは、カート・コバーンの「ソロ・アルバム」と銘打たれており、中には彼の未発表音源も収録される。リリースは映画のDVD発売日と同日の予定となっている。

アルバムには映画で使用された音源を収録するほか、他の未発表音源も収録されると報じられている。ブレット・モーゲン監督は、その音源について「スラッシュ・メタルからラグタイムまで、その間のものすべて」に及ぶとしており、「寸劇での演技」も含まれるとしている。

ブレット・モーゲン監督は全体として、サウンドトラックについて以下のようにコメントしている。「カートが自分自身を生み出すことによって、単純にどれだけ嬉しかったか感じ取ってもらえると思う。彼の歌詞は本当に面白くてさ、時折、彼の笑顔やあたたかさを感じてもらえると思うよ」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ