GETTY

Photo: GETTY

レディー・ガガは、今年のスーパー・ボウルにおける大逆転劇でアトランタ・ファルコンズが敗北を喫したことについてハーフタイム・ショウが原因だったと責任を問われている。

ハーフタイム時点でアトランタ・ファルコンズは21対3でリードしていたが、ハーフタイム後、崩壊して、最終的にニューイングランド・ペイトリオッツに31対28で敗れている。

ハーフタイム・ショウが試合に影響を与えたかと訊かれて、アトランタ・ファルコンズのワイド・レシーバーであるモハメド・サヌーはNFLネットワークの「グッド・モーニング・フットボール」に次のように語っている。「間違いなくそうだね。普段は15分ぐらいなんだけど、1時間近くフィールドを離れると、まさにトレーニングみたいな感じなんだよ。大層なトレーニングだよね。ソファに1時間近く座って、それからもう一度トレーニングするような感じだよ」

「想像できるかどうかは分からないけどさ」と彼は続けている。「あのような経験をするのは初めてのことだったからね。いつもとは違ったよね」

レディー・ガガはスーパー・ボウルのハーフタイム・ショウの直後に『ジョアン』のワールド・ツアーを発表している。

また、スーパー・ボウルの後に開催されたグラミー賞授賞式ではメタリカとのコラボレーションを行っており、メタリカは今後のコラボレーションの可能性についても語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ