Mike Einziger/Twitter

Photo: Mike Einziger/Twitter

スクリレックスは現在スタジオでインキュバスやデフトーンズのメンバーとコラボレーションを行っているところだという。

かつてはフロム・ファースト・トゥ・ラストでも活動していたスクリレックスだが、デフトーンズのチノ・モレノやインキュバスのブランドン・ボイド、マイク・アインジガーと共に制作に取り組んでいることが明らかになっている。

マイク・アインジガーは「マジック」というキャプションを添えて、以下の写真をツイートしている。

https://twitter.com/MichaelEinziger/status/835696684168441857

このコラボレーションが最終的にどのリリースに収録されるかは明らかにされていないが、先週もマイク・アインジガーはスクリレックスとレコーディングに取り組む写真をインスタグラムに投稿していた。

インキュバスは先日ニュー・シングル“Nimble Bastard”を発表し、音楽シーンに復帰しており、4月21日にニュー・アルバム『8』がリリースされることも明らかになっている。

新作『8』のトラックリストはまだ正式に公開されていないものの、スクリレックスはアルバムに参加しているものと見られている。

Nothing cool is happening right now…nothing at all. @brandonboyd @djkilmore @skrillex

michaeleinzigerさん(@michaeleinziger)がシェアした投稿 –

先日、ギタリストのマイク・アインジガーは“Nimble Bastard”の制作過程について次のように説明している。

「この曲はもうすぐリリースするアルバムの曲を書いているプロセスのなかでもすごく後でできたものなんだ。もうほとんどできたってところで、スタジオにいて、このフレーズのアイディアに取り組んでたら、新曲ができたって気付いた感じなんだよね」

「ブランドンが歌詞を書いてて、厳しい状況に打ち勝って、難を逃れる人物について語ったものなんだ。すごく楽しくて、エネルギーに溢れた曲になってるよ」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ