GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーは携帯電話を失くしてしまったことを嘆き、誰かがそこに入ってるポルノ写真を見つけてしまったら、サーの称号を得ることができず、「ナイトの称号に別れのキスをすることになる」と冗談を飛ばしている。

ノエル・ギャラガーは現地時間2月22日に開催されたブリット・アウォーズ2017の授賞式に出席した際、タクシーで携帯電話を失くしてしまったという。

『デイリー・スター』紙によれば、ブリット・アウォーズのアフター・パーティーでノエル・ギャラガーは次のように語っていたという。「携帯電話を失くしちまったんだ。探そうとしたんだけど、マジで見失っちまった。どこに行ったのか全然分からないよ」

「見つけたいんだけどね。あそこにはポルノ写真が入ってるからな。流出して拡散したりしてほしくないんだよ。俺には消すことができないしさ。俺のイノセントで健全なイメージが壊れちまうからな」

「誰かが俺の携帯電話を見つけたら、ナイトの称号に別れのキスをすることになるね。まずもらえないだろうな」

一方、弟のリアム・ギャラガーはブリット・アウォーズでサイモン・コーウェルと一緒に写っている写真に対してノエルを批判するツイートを行っている。

ノエル・ギャラガーは今年のブリット・アウォーズ授賞式で最優秀ブリティッシュ・アルバム賞のプレエンターを務め、最優秀ブリティッシュ・アルバム賞はデヴィッド・ボウイの『★(ブラックスター)』が受賞している。父に代わって息子のダンカン・ジョーンズが賞を受け取り、その際、ノエル・ギャラガーはデヴィッド・ボウイのことを「キング」と呼んでいる。

しかし、リアム・ギャラガーはノエル・ギャラガーがブリット・アウォーズ授賞式に出席していたのをこころよく思っていなかったようで、ツイッターで兄のことを糾弾している。リアム・ギャラガーはノエルがサイモン・コーウェルと写っている写真をツイートし、キャプションに「もう言うことはないね」と添えている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ