PRESS

Photo: PRESS

テイラー・スウィフトとゼインのデュエットによるリード・シングル“I Don’t Wanna Live Forever”を収録した映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』のサウンドトラックが最新の全米アルバム・チャートで初登場1位を獲得したことが明らかになっている。

アルバムには、ホールジー、トーヴ・ロー、シーア、カイゴ、ザ・ドリーム、ジョン・レジェンド、ニッキー・ミナージュ&ニック・ジョナスなどの新曲も収録されている。

映画はE・L・ジェイムズのベストセラー小説をもとに制作されており、2015年に公開された『フィフティ・シェイズ・オブ・グレー』の主役であるダコタ・ジョンソン、ジェイミー・ドーナンが本作も引き続きアナスタジャ・スティールとクリスチャン・グレイ役を務めている。

また、3月4日付となるこの週のアルバム・チャートは第59回グラミー賞の受賞結果が大きく影響したものとなっていて、最優秀アルバム賞をはじめ主要部門3冠を達成したアデルの『25』は47000枚の合算セールスを記録して、6位に再浮上している。また、ビヨンセの『レモネード』が9位まで上昇したほか、最優秀新人賞を獲得したチャンス・ザ・ラッパーの『カラーリング・ブック』も22位まで上がっている。

第59回グラミー賞授賞式は現地時間2月12日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催されている。アデルが最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞という主要部門のうち3部門を制覇したほか、デヴィッド・ボウイはノミネートされた5部門すべてを受賞し、アデルと並んで最多受賞となっている。

9部門で最多ノミネートだったビヨンセは最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞、最優秀ミュージック・ビデオ賞を受賞している。

受賞作品・受賞者の一覧はこちらから。

https://nme-jp.com/news/33634/

『フィフティ・シェイズ・ダーカー』のサウンドトラックのダウンロードとストリーミングはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ