GETTY

Photo: GETTY

ジェイムス・ブラントは若い音楽ファンに対してボーイ・バンドを組むようにを促し、テイク・ザットのほうがオアシスよりも多く寝ていると主張している。

ジェイムス・ブラントは『Q』誌のインタヴューでギャラガー兄弟を標的として、ポップ・アーティストのほうがインディ・バンドよりも女性の関心を惹きつけていると主張している。

「テイク・ザットはオアシスよりも寝てるんだから、ボーイ・バンドに入るべきだね」と彼は語っている。「いや、そうなんだよ。認めたくないのはわかるけど、状況を見てみなよ」

「ビールをがぶ飲みしてる男たちが腕を組んで、サッカーのチャントのように“Wonderwall”を歌う観客か、ホテルまで追ってきて、会うために非常階段を通って侵入してくるキャーキャー叫ぶ女の子たちの観客かってことだからね」

彼は次のように続けている。「君が同意しなくても、でも、マーク・オーウェンはノエルとリアムを合わせたより事に及んでるわけだから。それに彼にはパブで友達になろうとしてくる酔っ払いは来ないしね」

「ギャラガー兄弟が惨めなのは無理もないよね」

ノエル・ギャラガーは2015年にジェイムス・ブラントを引き合いに、自分の人生について語る曲は「ジェイムス・ブラントよりもつまらない」と語っており、ジェイムス・ブラントはそれに対して「今回だけは同意するね」と返している。

一方、リアム・ギャラガーは来たるソロ・デビュー・アルバムについてまもなくリリースすることを予告し、「ノエルのファンはもうどこにも逃げも隠れもできないだろう」とツイートしている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ