GETTY

Photo: GETTY

NOFXは、ライヴを見に来ていたファンの1人がヒッピーだと分かり、金を払って退場させようとしていたという。

NOFXがノヴァ・スコシア州ハリファックスにあるキュナード・センターでライヴを行った際、フロントマンのファット・マイクは、フロントロウに絞り染めのTシャツを着て、あごひげを生やしているファンを見つけたという。

ファット・マイクは、その男に金を払うからすぐに会場を出るよう言ったという。「君にはここにいる権利がない。100ドル(64ポンド)を払うから出ていってくれ。俺の目の前に立って、馬鹿げた絞り染めのTシャツとあごひげで一日中嫌がらせするつもりか?」

ギターのエル・ヘフェは「ヒッピーは立ち入り禁止だよ。今夜はノー・ヒッピー・ナイトだ」と付け加えている。

男はその申し出を断ったが、Tシャツを手離す代わりに20ドル(13ポンド)だけ受け取った。元凶となったそのTシャツはステージ上で投げ飛ばされ、バンドメンバーの希望で会場の外へと追放されたという。

その時の映像は以下で観ることができる。

NOFXは現在ファット・レックト・フォー・25イヤーズ・ツアーの最中で、アアルバム『パンク・イン・ドラブリック』を全編演奏した特別ライヴも行われている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ