GETTY

Photo: GETTY

ジャスティン・ティンバーレイクは2000年代初頭にイン・シンクを脱退した理由について説明している。

イン・シンクは2002年に一時的な活動休止を発表して以来、新たなレコーディングを一切行っていない。その5年後、ジャスティン・ティンバーレイクのバンドメイトであるランス・バスは「正式に解散した」ことを認めている。

ジャスティン・ティンバーレイクはソロ活動を開始し、『ジャスティファイド』、『フューチャー・セックス/ラヴ・サウンズ』といったアルバムで大きな成功を収めている。彼はまた『ソーシャル・ネットワーク』、『バッド・ティーチャー』などの映画に出演し、俳優としての活動にも進出している。

「ハリウッド・リポーター」に対してジャスティン・ティンバーレイクはイン・シンクの終焉について次のように振り返っている。「僕らはスタジアム・ツアーの最中だったんだけど、僕は何もかもが大きすぎると感じていたんだ。楽しげな雪合戦として始めたのに、雪崩になってしまってね。それに脱皮しようとしていたからね」

彼は次のように続けている。「グループの他のメンバーの何人かと較べて、もっと音楽のことを気にかけていたんだよね。作りたい他の音楽があると感じてたし、自分の気持ちに従う必要があると思ったんだ」

イン・シンクは正式な再結成は実現していないが、2013年のMTVビデオ・ミュージック・アウォーズでジャスティン・ティンバーレイクのステージに他のメンバーが参加している。また、昨年、メンバーのJC・シャゼイの40歳の誕生日にもメンバーが全員集合している。

ジャスティン・ティンバーレイクは昨年11月に新作について新たな情報を明かしており、ファレル・ウィリアムズ、ティバーランド、マックス・マーティンらが参加していることが明らかになっている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ