PRESS

Photo: PRESS

ケイティ・ペリーが今週の2月10日に新曲“Chained to the Rhythm”をリリースすることが明らかになっている。

ケイティ・ペリーは昨日、第59回グラミー賞授賞式でパフォーマンスを行うことが正式に発表されたが、新曲“Chained to the Rhythm”はその直前にリリースされる。

ケイティ・ペリーはソーシャル・メディアで17秒のティーザー映像を公開しており、音源の一部を聴くことができる。

ケイティ・ペリーの新曲のリリースは昨年7月に発表された“Rise”以来となる。

先日、ケイティ・ペリーは「イズ・ヒストリー・リピーティング・イットセルフ?(歴史は繰り返されようとしているのか?)」と題された公共広告の制作を支援している。この映像では、トランプが掲げるイスラム教徒の登録制度導入を、戦時中の日系人の強制収容所に例えている。

ケイティ・ペリーはこのビデオをツイッターで共有しており、「歴史は繰り返されようとしているの…? #憎しみを常態化させないで」とツイートしている。これまでケイティ・ペリーのリリック・ビデオを手がけたことのあるアヤ・タニムラがこの映像の監督を務めており、映像の中で89歳の日系アメリカ人、ハル・クロミヤの実話が語られている。彼女は名簿登録をさせられ、第二次世界大戦が行われていた4年間、強制収容所に収容されていた。

映像はこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ